スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今や骨董品扱い?

我が家のDVDレコーダーにはビデオ録画&再生機能がついていて、どっちゃりとたまったVHSテープで映画やらアニメやらアダ・・を楽しんでいる。
このテープをハードディスクやDVDにダビングすることもできるから、何かと重宝しております。

ただビデオテープってやつは置き場所を食うもんで、部屋の隅に山積みにしたり、押し入れの中に並べてある。

お宝ものビデオも数多く所持しているけど、これ、どーしよーかね?今さら古本屋でも引き取ってはくれまいし、たとえ買取されたとて二束三文でしょ?オークションとかに出しても再生機器を持ってる人も少ないだろうから、落札どころか出品をキャンセルしなきゃならん事態もありうる。

年配の方ならば「スーパージェッター」「レインボー戦隊ロビン」「鉄人28号」というアニメ番組がどれだけ面白く、夢中になってテレビにかじりついて観ていたか、っつうことをご理解いただけるでしょう。すべてお店で購入したオリジナルビデオテープです。

なかでも一番好きだったのが「鉄人28号」この作品はアニメ版と実写版の両方を持っています。放送当時、我が家にはテレビってもんがなく、再放送で観てた作品でしたから、ちょっと値が張っていても手に入れたい、って思いましてね。

実写版は今から観れば、ちゃっちい特撮でしたね。巨大ロボットである鉄人が、人間とほぼ変わらない大きさで街角に現れて大暴れするんですから。

当時はCGなんてシャレたもんはなく、すべて手作りでしたから、今だったらツッコミどころ満載の娯楽作品といったところでしょうか?

テープ自体が相当古くなってるんで、巻き戻す時もおっかなびっくり。かなり雑音、画像の乱れが顕著になってきましたが、今だに楽しんでおるのです。
スポンサーサイト

ものぐさ

遠~い昔の話で失礼ですが、フトコロ乏しい学生にとって、好きなレコード(古!)観たいビデオ(これも古!)などは貸しレコード屋、貸しビデオ屋に頼っていました。
まぁ買うよりは安くすむし、録音するとかダビングするなんざ考えもしなかったし。

当時から思っていましたが、レコードは針とびする、雑音が発生する、ビデオはテープが伸びる、「肝心なシーン」で画像が乱れる。特に18歳未満はけっして観てはいけない特殊分野の作品では「肝心なシーン」こそ大事であって、登場人物が「乱れる」のはかまわないけど、画像が乱れると、どうもやりきれない、どこにぶつけていいかわからん気持ちになったもんでした。

今はCDとかDVDとかが全盛期を迎えておりますから、いい時代になったもんです。

貸しレコード&ビデオ屋は姿を消しました。古本屋でもCDとかDVDとかを安く購入でき、あすけど、やっぱレンタルが楽です。最近はパソコンや携帯電話で注文ができ、自宅のポストに配達され、返す時も郵便ポストに入れるだけですむ。自分の学生時代にこういうシステムがあったらなぁ、って遠い目をしている昨今でございます。

私はTSUTAYAのネット会員になりました。「30日間お試し無料キャンペーン」のコピーに惹かれて(笑)
このキャンペーンを享受するには「定額プラン8」に契約しなければなりませんが、お試し期間終了直前に退会すれば恩恵にあずかれるわけでして(笑)

まぁ、気に入れば、そのまま月1980円のコース料金で借りることができます。別に更新しなくても自動で移行できますからね。

ちょっとお試ししてみてはいかがでしょうか?

TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!

野球でいうと

結果はどうあれ、降らなきゃ当たらん、ってのはわかっているのだけど、最近は見逃すことが多くなりました。



ボールを見逃すのはいいんです。



ストライクを見逃すことが多いんです。



ただ見逃すだけならいいのですが、2ストライクまで追い込まれた状況で見逃してしまうのです。



これじゃ三振ですがな。アウトです。



何にもなりゃしません。次へつながりません。



一応バットは振ってみます。ゴロが内野へ飛んだらいいんです。



何が起こるかわかりゃしませんもん。



フライはいかんです。落とす可能性はありますけどね。



ゴロなら何か起こります。



他力本願ですがね。



ジャッグルするかもしれん。



トンネルするかもしれん。



悪送球するかもしれん。



でもクリーンヒットで塁に出たいな。



ホームランならなおいいけどさ。



めったに出るもんじゃない。



内野安打ってのは狙ってできるもんじゃない。



イチローじゃねぇんだから。



足が遅く、力もないやつが塁に出れるってのは、たぶんに運が必要でありまして



こいつがホームに帰ってくるには神の御加護が必要です。



神様も忙しいから、どこにでもいるような中年男のことなんざ注目しとらんでしょう。



それを注目させ、こいつを助けてやろう、ってな気持ちにさせるには、やっぱ努力が必要でがしょ。



運をつかめないんだったら、がんばりな。



私しゃ、のんべんだらりな人間です。



でも運ってやつは、誰にも平等にめぐってくる。



それを攫めるか攫めないか、は、その人しだい。



めぐってこなきゃ努力しましょ。



口先三寸じゃ、いつか綻びが出まっせ。



50人いれば50分の1、それぞれが頑張りゃいい。



誰かが50分の1以上頑張る必要はない・・・・はずなんですが、そうはいかないのが最近の常でして。



最低限の仕事はこなしていても、それ以上はやらない。



誰かがやらなきゃならない。やらなきゃ進まん。



得するやつは少人数。損するやつは多人数。



逆のケースもありえますけど。



損するやつがいなくなりゃ、今まで得をしてたやつはどうなりまっしょ?



知らんです。そこまで考えるこたぁねぇです。



損するやつの存在が得するやつを生かしているわけでして。



いなくなったら得はできん。



わかっておりますかい?



わかってねぇだろうなぁ。



わかる気もねぇだろうなあ。

スキップ機能

ビデオやらDVDで、映画、ドキュメント、音楽、アダルトなんたらかたら。
たくさん持っておりますが、1本の作品を通して観るのは最初だけで、あとはお好みの場面だけ観るってなことがあります。

アダルトは特にね(笑)

映画を観に行く。音楽ライブに行く。野球サッカーなどを観に行く。
金払ってんだから元は取りたい。面白くて楽しくて、という気持ちもあるのですが、たまぁ~~~~に、退屈な場面がでてきます。
これ、しゃぁないです。全部が全部面白いわけじゃないし、楽しいわけじゃない。それは理解してるのですが。

ライブですから、ナマですから。
「この部分早送りしたい」ってな気持ちになっても、そうはいかず。

逆に「巻き戻ししたい」ってな場面もあります。これとて、そうもいかず。

ナマの場面を観に行くより、録画されたものを観ることが多くなりました。観る時間が限定されてる、固定されてるよりも、いつでも観ることができる方が便利ですもん。

まぁ、ナマの迫力には勝てませんけどね。

年食って、目も耳も衰えつつあり、昔から狭かった行動範囲もさらに狭くなる。
録画したやつは、早送り巻き戻しが自由にできます。ずっと観ないでいることもできます。

普段の生活で、早送り巻き戻しができたら・・・・なんて思うことしばしば。でも、できんのですよね。DVDみたいにチャプター別に楽しめたらなぁ、なんてね。つまらん場面、嫌な場面はスキップできるし・・・。楽しいことだけじゃ、すぐに飽きるかもしれんですけど。「特典映像」なんてもんもないし、オープニングから最後まで、ありのままを観なけりゃならんのですね。

人生のDVDがあったとする。最後ののチャプターに切り替えたら、もう何も映っていなかったりして・・・・ね(笑)

ただいま

「行ってきます」同様、完全に忘れた状態だ。
母親がこの世を去って一人暮らしになり、しばらくの間は口をついて出ていた言葉なんだけど、今は無言で家を出て、無言で帰宅している。
誰からも文句は言われない。仏壇開けて、お茶と線香をあげる時にも「おはようございます」と挨拶はしてる。夜に仏壇を閉める時に「おやすみなさい」は言ってる。正月になれば「明けましておめでとう」も言ってる。だったら「行ってきます」「ただいま」も言えばいいじゃん。んでも言ってない。言わなくなった。

このタイトルは矢野顕子の歌からとりました。

(いつごろかしら「ただいま」を忘れた
自分の声が夕暮れにとられた)

(みんなただいま、返事がないね)

そうか。「行ってきます」も「ただいま」も返事がないから言わなくなったのか。

一人暮らしを始めてから、やたらと野良ネコが居着くようになった。呼びもしないのに寄ってくる。縁の下にヒキガエルがいることに気づいたのも、クモやゴキに愛着が湧くようになったのも一人暮らしになってから。別に好きな生き物じゃないんだが。

やっぱ寂しいんか?自分じゃ意識していないんだけどな。

ほんとは我が儘気ままが大好きも、時にはあのころみたいにケンカしたい)

でも今さら誰かと一緒に暮らす、なんて考えてもいないんだよね。

そういや「話し相手」の冷蔵庫、まだ買ってない。
今月の電気料金・・・前月より1300円少なくなってる。
大食らいなヤツだったんだな(笑)

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。